SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸の内で働くアナリストのライフログ

お金に関して、専門的なこと身近なことを綴ります。

日本人はみんな投資をしよう!

僕は金融機関に勤めているからかもしれないですけど、
日本人はみんな投資をするべきだと思っています。


真面目に会社に勤めていれば、誰でも老後までに十分な貯えを準備できる国ではなくなってしまったからです。
これから先、残念ながら税金や物価は上がるし、年金や社会福祉は減らされていきます。
少子高齢化って本当に怖いですね。

 

 

社会人は誰しもが「お金を稼ぐため」に、何かを投資しています。
多くの場合は「労働×時間」でお金を稼ぎます。
お金を稼ぐため、自分の体力と時間を売って頑張って働いていますよね。

 

投資とは「お金×時間」でお金稼ぐことです。
自分だけじゃなく、お金にも働いてもらうのです。

具体的には株や債券、投資信託を買うんですが、
株に投資→その株式会社に働いてもらう
国債に投資→その債券発行国民に働いてもらう
という感じです。

 

 

「投資はギャンブルみたいなもの」

という人がいますが、全然違います。
両者の決定的な違いは「付加価値を生んで成長しているかどうか」と「時間」という概念の有無です。


「付加価値を生んで成長しているかどうか」

ギャンブルは胴元に一旦お金を預けて、手数料を引かれた後に再分配される金額を取り合うだけ。世の中に付加価値は生みません。

一方で、投資は会社や国にお金を預けて、それを元手に働いてもらうものです。投資されたお金は研究開発費だったり、人件費だったりに変化していきます。
得られた利益は投資家に還元されます。
ギャンブルのようなお金の取り合いではなく、付加価値を生んで、その利益を享受するものです。

 

「時間」の重要性

株や債券でもギャンブルになることがあります。
それはデイトレードやFXのような短期売買。

会社にお金は預けるけど「時間」は与えない投資手法です。会社や国家が利益を上げ成長することなんて待ちません。「上がったら売って下がったら買う」というシンプルな考えのものです。
これを言い換えると「大勢が買ったら売り、大勢が売ったら買う」となります。

「高いところで買った人は損をし、安いところで買った人は得をする」ので、ギャンブルと同じお金の取り合いですね。これは投資ではなくギャンブルです。

時間を活用した投資は、お金の取り合いではありません。
投資をされた会社が、それを元手に付加価値を付けた商品を生み出し、納得した消費者がそれを購入する。それで上がった利益を「配当」として投資額に応じて投資家に還元します。


余談ですが、還元された配当をさらに投資することを「再投資」といい、これを行えば「複利」も取ることができます。
「複利」が機能し始めると、時間の経過とともにお金は急速に増えていきます。

 


本当の投資とは、消費者も会社も投資家も儲かる仕組みです。
重要なのは、ポテンシャルのある会社に「付加価値」を生むための時間と元手を提供すること。
それだけすれば、あとは勝手に会社とそこの職員が働いてくれます。

 


これからの日本では、自分の稼ぎだけで老後に備えるのは自殺行為です。
怖いとか面倒くさいとかは理由になりません。

 

怖ければ、勉強して信頼できる投資先を見つけましょう。投資先を知れば恐怖は減ります。
ブラジルとか新興企業とか複雑な投資信託とか、よく分からないものに投資するから怖いんです。

 

面倒くさければ、今の稼ぎだけで将来安泰と言えるのか考えましょう。
今の勤務先や自分のスキルは、老後の貯蓄を作れるほど信頼に足るものですか?
もし不安があるならば、今のうちに少しでも働いてお金を稼がないといけません。その時にはお金にも働いてもらいましょう。

今は多くの金融機関が「ロボアドバイザー」のサイトを作っています。これを参考にすれば、放っておけるポートフォリオが組めますよ。

 

NISAとかiDeCoとか、政府は必死になって国民の投資参加を推進しています。

これは「国が支えられないから自分たちで準備しろ」ってことなので情けないなとも思いますけど、確かに国には支えてもらえなそうです。将来のために、みなさん投資に挑戦してみましょう!