SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸の内で働くアナリストのライフログ

お金に関して、専門的なこと身近なことを綴ります。

2016年のふるさと納税はここにしました!

2016年のふるさと納税、皆さん有効に活用しましたか?

我が家もようやく選び終わりました。

 

今年の最重要ポイントは
コスパな食品

 

ワンストップ制度を使うために以下の5自治体に絞りました。

白米(福島県会津美里町
玄米(福島県湯川村
牛肉(宮崎県都城市)
野菜(鳥取県
魚の干物

偏りなく、実用的なものが選べました。
一つずつレビューをしていきます。

 

白米(福島県会津美里町
30000円寄付で特Aのコシヒカリが60kg。
1か月毎に10kg、年6回に分けての配達をお願いしました。
Amazonやネットスーパーで同ランクのものを頼むと10kgで5000〜6000円程度はしますし、定期的に配達してくれるので注文の手間や重たい思いをしなくて良いので、すごく楽です。
炊き上がりはふっくらとしてすごくいい香りがします。ふるさと納税は、毎年この美味しい米をもらうためにやっています。来年もよろしくお願いします。


玄米(福島県湯川村
30000円寄付で60kg
白米と同様、コスパ、手間の面で最強です。
我が家では玄米と白米が交互に10kgずつ毎年配達されます。玄米なので味はわかりにくいですが、スーパーの玄米と比べると違いは歴然でした。この玄米のおかげで美味しくダイエットが出来ています。

余談ですが、この湯川村へは去年も寄付をしていて、愛着が出たため今年は視察旅行に行ってきました。のどかでとても素敵な場所でした。
もちろん来年もリピートします。

 


牛肉(宮崎県都城市)
1万円ですき焼き用牛肉 + 焼肉のタレ

f:id:yamato_k:20161207151717j:image
ふるさと納税ランキングでは常に上位の都城市
ものすごく上質な肉が届き、驚きました。
ランクでいうと、食べログ3.5の店で特上肉を頼んだくらい。
サシが綺麗に入り、口の中でサラッとほどける感じで、全くクドくない上品な肉でした。量も夫婦ではとても食べきれないくらいで、満足度はとても高かったです。
米のように無いと困るものではないのでリピートするかは分かりませんが、ふるさと納税では屈指の高コスパ、高品質な商品なのでオススメです。
我が家のようにテンション上がって一気に食べてしまうのではなく、冷凍して正月やクリスマスなどのイベント用に取っておくのが良かったかもしれません。それくらい良い肉でした。こういうのを両親に食べさせてあげたい。

 

 

野菜(鳥取県
5000円で野菜詰め合わせ8品

f:id:yamato_k:20161207151737j:image
今年の春、野菜の値段が安定している時期の注文です。詳しくは画像を見ていただきたいのですが、コスパも品質も普通でした。
野菜の詰め合わせをふるさと納税で頼むのは難しいと思っています。
野菜は単価が低いため品数を多く入れないといけませんが、そんなに多くの特産品はありません。
地域によっては特産でもないものを品数稼ぎの為に入れることもあるので、「地方の名産で上質な野菜」をイメージして注文すると拍子抜けすることがあります。
もちろん家計の助けにはなるので、すごくありがたいんですけどね。贅沢を言って申し訳ないです。

でも、自分では買わない野菜が送られてくるのは楽しかったです。
複数の自治体が「5000円で野菜詰め合わせ」をやっているので、来年は別の自治体に寄付してみようかな。

 

 

魚の干物
今年最後に注文する予定の商品です。
魚に関しては、「質」と「量」のどちらを取るかで悩みました。

「質」重視なら、ハタやクエなどの超高級魚を頼んで贅沢に楽しめるし、

「量」重視なら、ふるさと納税情報誌などで有名な「佐世保の訳あり干物4kg」などを頼んで家計の助けにできる。

 

 

妻と相談し、今年は超高級魚路線で行くことにしました。東北か北陸か中国四国か。すごく楽しみです!

届いたら詳しくレビューをします!

 


ふるさと納税には賛否ありますが、今ある制度を有効活用することはとても大切なことだと思います。
面倒だったり、制度に反対などで体験したことのない人は、試しに一度やってみても良いのではないでしょうか。